■プロフィール■
■カレンダー■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<前月 2019年11月 次月>
■カテゴリー■
■最新の日記■
■最新のコメント■
■記事ランキング■
■アーカイブ■
■LINK■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■


運転代行日記 1
 いろいろなアルバイトをやってきたけど、そのひとつで、今もやっているアルバイトが運転代行である。詳しくは書けないけが八王子市内の会社である。初めてやったのはもう8年位前。酔っ払いの相手はちょっとたいへんだけど、いろんなクルマを運転できるので、クルマ好きには飽きないバイトだし、なによりも体が楽である(笑)。
  
 
 でも、このバイト、最初はちょっと驚いた。クルマの運転には自信があった私でも、ベテランドライバーたちの運転技術にはちょっと驚かされた。普通のおじさんやお兄ちゃんがたった今初めて乗るベンツやBMWをまるで自分が慣れ親しんだ愛車に乗るように手際よく走らせ、難しそうな狭い車庫にも一発で入れてしまう。『おお、やっぱこの人たちプロだ』って感心した。乗るクルマは軽自動車から4トントラックまで、国産車や外車、とにかく普通免許で運転できる車はすべてが対象。道はタクシードライバー並に熟知する必要があるし、接客もできなくちゃいけない。2人1組の仕事だから人間的にもある程度できていないとみんなに嫌われる(笑)。そんな仕事だから、やはり常に人手不足なのである。入ってくる人は多いけど、やめさせられる人も多い。
 お客さんのクルマは多くが高級車。セルシオやシーマは当たり前で、ベンツやBMWも多い。おそらく自分では一生持つことの無いようなクルマである(笑)。クルマ好きの私としてはそんなクルマに乗るのも楽しい。高級車だけでなく、最新のハイブリッドカー、ミニバンなどなど、きっと本が出版できるほど運転を経験した。
 でも、中でもやっぱり楽しいのがフェアレディZやRX8等のようなスポーツカー。残念ながらオートマが多いのだけど、たまにマニュアルに出くわしたりする。マニュアルの場合はかなりクルマ好きなオーナーさんである場合が多く、クルマ談義に花が咲くわけである(笑)。そういう時は私も楽しくなってついついヒール&トゥでシフトダウンしたりしてしまう。そんな時は『お!運転手さんうまいね!もしかして走り屋?』なんて言われる(笑)。そんな年で無い事はわかりそうなものだが、何しろだいたいが夜だから私の年齢など見当がつかないらしい。
 こういう仕事をしているとよく聞かれるのが、『運転した車で一番高い車は何?』・・・これが結構わからなかったりする(笑)。いろいろなクルマに乗るけど、細かなグレードまで記録しているわけではないし(だから本も出せないのだ)。把握しているのは数年前に乗ったベンツC55AMG(5リッターのスーパーチャージャ)。これは雑誌で調べたら1760万円だった(笑)。左ハンドルで、やたら狭い道を走らされて、狭い車庫に入れさせられたのを記憶している。もっと高い車もあったのかもしれないけど、知っているのはそれが最高である。
 変わったクルマではスマートクーペ。AZ−1みたいなクルマで、スマートの700ccエンジンをミッドシップに搭載したクルマ。これはシーケンシャルシフトがついていたけど、AZ−1を知っている者としてはちょっと物足りなさを感じた。エンジンはSOHCながらターボで過給されるためそこそこパワフル。だけどハンドリングがいまいちである。ギア比が遅いためにダルさを感じる。雰囲気がAZ−1っぽいだけに余計に感じるのかもしれないが・・・
 ちなみにビートやカプチーノには当たったことがあるが、AZ−1には一度も当たった事が無い(笑)。SW20もあるけどすべてオートマ(笑)。
 そんなわけでまた面白い車に乗ったら紹介したい。


| アルバイト日記 | 05:30 PM | comments (0) | trackback (0) |

         









http://www.taccdrive.com/sugilog/tb.php?14
PAGE TOP ↑

新しい記事 過去の記事