■プロフィール■
■カレンダー■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<前月 2020年03月 次月>
■カテゴリー■
■最新の日記■
■最新のコメント■
■記事ランキング■
■アーカイブ■
■LINK■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■


ウクレレ始めました?



 3月中旬。『楽器を買っちゃった』とTACCのチーム員であるきぬうぉくんから電話がありました。それを聞いた嫁さんは『楽器って何?』と尋ねると、きぬうぉくんは『さて何でしょう?』ともったいぶりますw 『うーん、ウクレレ?』と嫁さんあっけなく正解。嫁さんがウクレレと答えたのはただ単に我が家にウクレレがあったから・・・w
 
 で、なんで我が家にウクレレがあるのかと・・・w それはボクの実家の母が何年か前にハワイに旅行に行ったときにお土産として買ってきたウクレレをもらったからなんです。『日本円に換金できなかった硬貨をぜんぶ使って買ってきた』という母。なのでおそらく20ドルくらいの代物であると想像します。ハイビスカスと思いきや蝶の絵柄に「Hawaii」のロゴ入りという恥ずかしさ満点のウクレレ(冒頭の写真参照)。まあ、楽器と言うよりも装飾品か玩具というレベルのものでしょうか。
 まあ、ありがちな『迷惑なお土産』に分類されるべきそのウクレレは箱から出されることも無く我が家のリビングの隅っこに放置されていたのでした。

 『きぬうぉがウクレレを始めたらしい。TACC音楽部設立とか言ってる』と嫁さん。『え〜、なんでウクレレなんだよw』とボク。いろんな事をやってきたけど音楽だけは何もやってこなかったボク。なぜなら音楽はもっとも苦手な分野だからなんです。音楽は英語と並んで赤点の双璧。知り合いがバンドをやっていた関係で阿佐ヶ谷や国立、八王子のライブハウスに出かけては写真を撮ったり機材を運搬したり、時にはPAをやったりもしたけど、楽器を始める気はまったく起こりませんでした。今思えばすごく良い経験をしていたのにと思いますが、なにしろ楽譜は読めないし、リズム感も無いし、歌を歌えば音痴だしw・・・

 そんな歴史的背景があるので、嫁さんがウクレレを引っ張り出して箱から出しても、まるで無関心だったボクでしたが、なぜか嫁さんはボクにウクレレを渡しました。ウクレレに付属していた英語の簡単な教本には『アメイジンググレイス』の譜面がありました。なんとなくポロン、ポロンと爪弾く(と言っても爪が無いので肉球で弾いたのですが)となかなか良い音がします。『ドレミってどうやるんだろ?』と嫁さんに聞くと嫁さんは『まずはチューニングをしなくちゃでしょ!』と言いました。『どうやってやんの?』と聞き返すと、『知らないw っていうかその目の前のパソコンで調べればいいじゃん!』とありがたいアドバイスw

 『ウクレレ チューニング』でググるとあっさり出てきましたw 『ソプラノウクレレの場合は開放で1弦がA、2弦がE・・・』と知らない言葉がたくさん出てきます(^_^;A そこでウクレレの基礎を知るべく、そのサイトのウクレレの基礎講座を読みます。『なるほど、ウクレレを構えた時に一番下になる弦を1弦というのね』・・・よく読むと付属の教本にも英語ですがちゃんと書いてありました(^_^;A そして4弦からダウンストロークで弾くと『ソドミラ』という具合になる事もわかりました。『うちには他に楽器がないから音が合わせられないね』という嫁さん。そこで音を聞かせてくれるサイトが無いものかと思い、ググってみたらやっぱりありましたw





 そうそう、便利なYoutubeですw おかげでなんとなくチューニングはできました。でもどのサイトでもチューニングについては電子チューナを用意することを勧めていますね。確かに便利そうです。
 3弦の開放がドレミのドと言うことがわかったのでとりあえず『咲いた咲いた』とか知っている曲を単音で弾いてみます。弾いてみると玩具みたいなウクレレのハワイ号でもか、なかなか良い音がでるじゃないですか!『すぎちゃんできるじゃん!』と嫁さんがおだてます。

 しかし・・・楽譜が読めないボクなので、少しだけいじっておしまいw。

 うーん、やっぱりボクには無理かな・・・


| ウクレレ・音楽 | 03:00 AM | comments (0) | trackback (0) |

         









http://www.taccdrive.com/sugilog/tb.php?1418
PAGE TOP ↑

新しい記事 過去の記事