■プロフィール■
■カレンダー■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<前月 2019年11月 次月>
■カテゴリー■
■最新の日記■
■最新のコメント■
■記事ランキング■
■アーカイブ■
■LINK■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■


おさかなツアー2010 レポート 3



 そんなわけで砂浜で海水浴モードになったボクたち。未明から雨が降ったり止んだりでしたが、やがて雲は去り、真夏の太陽が砂浜を照りつけ始めます。ジリジリしてくる強い日差しですが爽やかな風が時折吹き抜けます。
 
 
 午前9時過ぎですが、ボクは我慢できずに海に・・・と言ってもボクはあまり泳げないので、オカノクンがトランペットパワーで膨らましてくれた浮き輪を携えて行きますw
 最初は膝くらいまで浸かってみます。うーん、やっぱり冷たい!しかし、ゆっくり進んでみると意外と温い感じがします。『お。イケルかも』・・・
 浮き輪にお尻をはめ込んで、ぷかぷか漂っていると本当に気持ち良いです。梅雨明けしたばかりですが、本当に真夏全開って感じ!

 その後はシュノーケルをつけていつもの岩場周りで魚の観察。砂浜に近いところではシロギスが泳ぎ回り、岩場周辺では小イワシの群れに出あったり、大きなボラが泳いでいたり、メジナやベラ、青くてきれいなルリスズメダイなどを観ることができました。ガンガゼも多いですが、今回はウニも多く観られました。

 そんなわけで夜通しおきていたボクもついにダウン。サマーベッドでお昼寝です。
 堤防ではオカノクンやお兄さんが釣りに励んでいますが、オカノクンはどうやらハオコゼ(ヒレに猛毒がある魚)の処理に失敗し、猛毒のヒレにやられたようです。神経毒なので呼吸困難を引き起こしたりすることもあるハオコゼの毒ですが、オカノクンの場合は幸い軽傷で済みました。良かった良かった!それにしてもさすがうかつ部係長です。
 武蔵野のお兄さんも暑さに耐え切れず、砂浜にやってきて泳いでいました。

 さて、夕食はレトルトカレーw いつものように嫁さんがご飯を炊いてくれました。夕暮れの海を眺めながらのディナータイム?は最高です。波の音が静かに聞こえてきます。

 そして食事が終わってひとしきりおしゃべりし、夜8時を過ぎてから、再び堤防に移動して夜釣りの再開です。どこまで頑張れるかわかりませんが、とにかく何か釣るぞ〜!


 まだまだつづく!


| フィッシング | 03:00 AM | comments (0) | trackback (0) |

         









http://www.taccdrive.com/sugilog/tb.php?1440
PAGE TOP ↑

新しい記事 過去の記事