■プロフィール■
■カレンダー■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<前月 2020年02月 次月>
■カテゴリー■
■最新の日記■
■最新のコメント■
■記事ランキング■
■アーカイブ■
■LINK■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■


春のトリ取材開幕 2



 そんなわけでルリビタキ取材の続きです。
 ルリビタキの鳴き声は聞こえるのですが、なかなか姿を見せてくれません。でもまだ旅立っていない事を知ってほっと一安心。しかし人が多いから今日の撮影は厳しいかしら・・・。
 
 
 結局午前中は撮影のチャンスが得られず、午後2時近くになってようやく撮影できました。しかし姿を見せたのはほんの一瞬で、写真自体も証拠写真程度のものしか撮れませんでした。



盗撮みたいな出来・・・(T_T)


 そして、ルリ夫くんの撮影は残念ながら今季これが最後となりました。きっとどこかの高山に旅立ったのでしょう。また12月くらいに再会しましょう。それまで元気でいてね。

 その後は桜尾根に上がったりしましたが野鳥との出会いはありませんでした。
 夕方になったのでボクはステッピーに乗り込んで撤収です。しかしステッピーをゆっくり走らせていると気付きました。左の原っぱに雄キジくんがいたのです!『おおっ!』・・・思わず車を停めてカメラを片手に原っぱに入ります。
 しゃがみながら雄キジくんを数連写します。夕陽に染まる雄キジくん。良いね〜!時期的にそろそろ恋の季節なはずだけど、雌キジはそばにいないのでしょうか。ふとそう思ったボクは、辺りを見回してみました。雌キジは写真でしかみた事が無かったボク。薄茶色の鳥を捜します。雄キジくんのそばにはなぜかキジバトがうろうろしていますw もしかしてキジバトと出来ちゃった?・・・なんてそんなわけないっすねw
 しかし雌キジはいました!ついに出会えました。紫陽花の木の間からすらりとした茶色の雌キジさんがゆっくりと雄キジくんの方に向かって出てきました。ヤッター!興奮を抑えてカメラを向けます。



雌キジさん!



すでにカップルになっている模様


 雌キジさん。かなり地味です。目立ちません。これじゃなかなか目に付かないわけですね。
 それにしてももしかしてこの付近に巣があるのでしょうか。だとしたらこの先雛にも出会えるかもしれませんね。そんなわけで今後は小峰公園に来た際には必ずチェックする必要がありそうです。



そうそう、ここはモズ夫くんのナワバリでもあるようです。





 そんなわけで小峰公園トリ取材の模様でした。


■観察メモ:ルリビタキ♂、ジョウビタキ♀、カワラヒワ、エナガ、メジロ、シジュウカラ、ヤマガラ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、ヒヨドリ、ツグミ、モズ、ガビチョウ、カラス、トビ、キジ♂♀、キジバト、スズメ


| バードウォッチ | 04:00 AM | comments (0) | trackback (0) |

         









http://www.taccdrive.com/sugilog/tb.php?1887
PAGE TOP ↑

新しい記事 過去の記事