■プロフィール■
■カレンダー■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<前月 2018年04月 次月>
■カテゴリー■
■最新の日記■
■最新のコメント■
■記事ランキング■
■アーカイブ■
■LINK■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■


ヴェイルダウンパーカ 2



 そんな感じでやや行き詰った感のあるジャケット選定ですが、年が明けたある日、暇つぶしに眺めていたモンベルのサイトで見つけてしまいました。今まで見ていたハードシェルやダウンパーカのカテゴリではなく、コートのカテゴリにそのジャケットはありました。
 ひとつはアスペンパーカと言うジャケットで、アウターにファスナーで中綿入りのライナーを装着すると言うタイプ。しかしこのジャケットはアウターがハイドロブリーズ、ライナーの中綿がエクセロフト(ポリエステル)という組み合わせ。ハイドロブリーズはGORE-TEXではないけど、それに準じた透湿防水機能を持つ素材で、エクセロフトは化学繊維の綿と言うわけです。もうひとつはヴェルダウンパーカ。こちらはアウターにGORE-TEX、ライナーにはダウンを使用しています。
 
  
 そのふたつのジャケットを見てみたいと思い、嫁さんとふたりで八王子の南大沢と言うところにある三井アウトレットパークに出動。
 モンベルのショップでこのふたつのジャケットを着比べてみます。ま、ぶっちゃけヴェルダウンパーカの方はアスペンパーカの倍近い値段が付けられています(・_・)。

 『倍の値段かぁ』と悩んでいると嫁さんが『これが同じ性能であるはずはない』と断言。『少し出してあげるからGORE-TEXの方を買いなさい』とさらに嫁さんが言います。

 ま、まともな冬用のジャケットが無いということを考えれば、これを買うのが正解なのかもしれないと思い、ヴェルダウンパーカに決定。安いのを買ってもう1枚重ね着をしなければならなくなることや、防水性が低かったりすると結局高い買い物になってしまいます。



ヴェルダウンパーカ。2.5レイヤーのGORE-TEXだそうです。



ライナーは725フィルパワーのグースダウン。


 通常ゴアテックスはポリエステルやナイロン、皮などでGORE-TEX繊維を挟み込む構造になっているそうで、つまり3レイヤーになっているんだそうです。でも、この構造だと、ジャケットが固く、重くなると言う欠点があるそうです。そこでこのヴェルダウンパーカではGORE-TEXにナイロンの表地を付け、裏地は布の代わりに特殊な微粒子を固着させるという方法で、GORE-TEX素材を保護する構造を採用。これにより大幅な軽量化を実現したそうです。これが2.5レイヤーと言われるゴアテックスバックライトなのだそうです。

 また、ライナーに使用されるダウングースは725フィルパワーと言うジャケットで、フィルパワーは説明が長くなるので割愛しますが、700以上のフィルパワーのものを高品質ダウンと分類するそうです。(フリー百貨辞典Wikipedia/フィルパワーより)
 ライナーはフロントファスナーの内側にあるファスナーと、袖口、襟元にあるスナップボタンによって着脱可能な構造となっています。アウターから分離すれば、ライトダウンジャケットとして単独で使用する事ももちろん可能。
 このライナーには大きな胸ポケットが備えられており、ダウンを畳み込むとそのポケットに収納できると言う、ダウンジャケットによくあるポケッタブル構造になっています。コンパクトに収納されたライナーを持ち歩くことで、いざと言う時にジャケットの性能を変えられるというスグレモノなんですね。



Photo:S軍曹殿 ※トリミングあり


 で、さっそく実戦で使用してみました。少し寒さが緩んだ1月の下旬でしたが、やはり保温性は抜群です。下にハイネックのシャツ、モンベルのフリースを着ていればじゅうぶん温かいです。また、袖口や襟の隙間風もしっかり抑えられていて快適です。そして何よりも軽いです。これは楽ですね。
 防水ファスナーで着脱可能なフードはライナーの内ポケットに仕舞う事ができるので邪魔になりません。
 これならバイクでの移動も快適ですね。ちょっと高かったけど、寒がりのボクにはこのくらいが良いのかもしれません。
 ちなみにWoodsのジャケットはお友達の息子さんが着てくれるというのでお譲りしました。愛着のあるジャケットだったので着てくれる人がいてよかったです。

 そんなわけで防寒ジャケットのお話でした〜♪


■ヴェイルダウンパーカ(Men's)

取り外し可能なダウンインナーを装備した、軽量コンパクト、高機能な3WAY仕様のパーカです。アウターは世界最高水準の防水透湿性と軽量コンパクト性を実現したゴアテックス?パックライトファブリクスを採用。簡単に取り外し可能なダウンインナーには高品質のダウンを封入し、単体でも着用できます。また、ダウンインナーは胸のポケットに収納できるポケッタブル仕様なので、旅行にも最適です。

■仕様
【素材】(アウタージャケット)ゴアテックス?パックライトファブリクス[表:40デニール・ナイロン・リップストップ] (ダウンインナー)30デニール・バリスティック?ナイロン・リップストップ/中綿:725フィルパワー・グースダウン
【平均重量】785g
【カラー】ブラック(BK)/ ライトタン(LTN)/ オリーブグリーン(OVGN)
【サイズ】S / M / L / XL
【特徴】アウターとダウンインナーは襟、袖口のスナップボタンと前立てジッパーで簡単に取り外し可能/(アウタージャケット)取り外し可能なフードつき/縫い目にはシームテープ処理を施し防水性を向上/ポケット3個(ハンドポケット2、内ポケット1)/(ダウンインナー)シングルキルト構造/胸ポケットに収納できるポケッタブル仕様/腰回りを覆う長めの丈/胸ポケット1個

価格:39,800円+税

【インナージャケット洗濯表示】
洗濯機:不可
手洗い:低温
エンソサラシ:不可
アイロン:不可
ドライクリーニング:可
洗濯後は、脱水機等で完全に水分をきり、風通しのよい場所で十分に乾燥させて下さい。
乾燥機を使用する場合は低温でお願いします。
乾燥後、やさしくたたきながらダウンの片寄りをほぐして下さい。 
汚れがひどいときは、ダウン製品を扱っているクリーニング店に相談して下さい。
頻繁に洗濯すると生地にダメージを与え、羽毛が抜け出やすくなりますのでシーズン最後の洗濯をおすすめします。


mont-bell http://www.montbell.jp/


| 便利グッズ | 04:00 AM | comments (4) | trackback (0) |
ちぃずさん>
 Facebook見ましたよ!びっくりりました。アウトレットとは言えヴェイルダウンパーカですか!アウトレットとはいっても高いですよね!いやいやなんというか、おめでとうございます!
| すぎちゃん | EMAIL | URL | 2016/11/08 01:09 AM | 9BY5x0kg |

・・・・・時は2016年11月
この記事に登場したヴェルダウンパーカ
まさか、杉澤さまの貴重な情報の元、本当に私が買ってしまうとは(笑)
| ちぃず | EMAIL | URL | 2016/11/07 12:25 PM | uNskSbF6 |

ちぃずさん>
 GORE-TEX、良いですよね〜。登山をする嫁さんの話では最近はすごく安くなったそうです。特にモンベルの製品はお買い得感がありますね。なのでちぃずさんもぜひ♪
| すぎちゃん | EMAIL | URL | 2014/02/08 10:20 PM | 9BY5x0kg |

いいなぁゴアテックス&#128515;
| ちぃず | EMAIL | URL | 2014/02/05 09:28 AM | Pyw93nw2 |


         









http://www.taccdrive.com/sugilog/tb.php?2347
PAGE TOP ↑

新しい記事 過去の記事