■プロフィール■
■カレンダー■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<前月 2019年11月 次月>
■カテゴリー■
■最新の日記■
■最新のコメント■
■記事ランキング■
■アーカイブ■
■LINK■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■


ゴールデンウィークのトリ取材



 ゴールデンウィークは嫁さんの実家に帰省する予定でしたが、なんと風邪を引いてしまい、行けませんでした(・_・)。2〜3日寝ていたら風邪が治ったので4日はトリ取材に出かけてみました。すごく天気が良かったこの日もボクはバイクを走らせてお山に登ってみました。もちろん狙いはキビタキとオオルリです。
 
 
 林道に向かう途中の渓流沿いの道で賑やかに飛び交うツバメを見て、ボクはバイクを停めました。『普通のツバメかなぁ?』と思いながら双眼鏡でチェックしてみます。よく見るとそのツバメは普通のツバメではなく、イワツバメでした。別に珍しいツバメではありませんが、撮った事が無かったので一応撮影。



イワツバメ。赤いところが無いんですね。


■イワツバメ(岩燕、Delichon urbica) 鳥綱スズメ目ツバメ科に分類
夏季にアフリカ大陸北部やユーラシア大陸で繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸やインド北部、東南アジアへ南下し越冬する。中華人民共和国南部などでは周年生息する。日本には亜種イワツバメが繁殖のために九州以北に飛来(夏鳥)するが、西日本では渡来地は局地的である。温暖な地域では越冬することもある。(フリー百科事典Wikipedia/イワツバメより)


 そうそう、写真には撮れませんでしたが、このツバメのいる場所の近くでカワウが狩りをしていたのですが、透明度の高い川に潜って魚を獲るシーンを真上から見る事ができました。水中のカワウはまるでカワウソかビーバーのような俊敏さで驚きました。

 さらにバイクを走らせて、いつもの峠を越えます。先日撮影した場所とは別のポイントに行き、キビタキとオオルリを探してみる事に。ここは昨年もキビタキやオオルリに出会っているし、ヤマドリに初めて出会った場所でもあります。
 そして、椅子を出して静かに鳥の声を聴いていると、キビタキがやってきました。



枝被り・・・



近いんだけどアングルが悪いっす(ToT)


 その後しばらく登場しなくなりましたが、待つ事2時間近く、今度はオオルリが現れました。我ながら気の長い話ですw



真上w



また空抜け。きついです(ToT)。



をを、キビタキも来た!忙しいっ!



わかりにくいけど虫を獲っています。


 今回もぜんぜんダメダメでした。うーん、狙った場所が悪かったのかしら。明るいのは良いのですが、光線の加減が良くありません。暗い森よりはマシなんだろうけど・・・。曇り空のほうがやっぱ撮りやすいかなぁ。

 そんなわけで山を下りたボクは今回も近所の川に立ち寄り、カワセミを撮ってから撤収しました。



カワセミも色が・・・やっぱり光が当たると難しい・・・


■観察メモ:キビタキ♂、オオルリ♂、シジュウカラ、ヤマガラ、エナガ、メジロ、ホオジロ、コゲラ、ツバメ、イワツバメ、キセキレイ、カワセミ、ムクドリ、ヒヨドリ、ツグミ、ガビチョウ、キジバト、ドバト、カワウ、カルガモ、コガモ、カラス


| バードウォッチ | 04:00 AM | comments (0) | trackback (0) |

         









http://www.taccdrive.com/sugilog/tb.php?2395
PAGE TOP ↑

新しい記事 過去の記事