■プロフィール■
■カレンダー■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<前月 2019年11月 次月>
■カテゴリー■
■最新の日記■
■最新のコメント■
■記事ランキング■
■アーカイブ■
■LINK■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■


野鳥がいっぱい♪



 連日のお山行きです(o^^o)。妙高に行けなかった悔しさを近所のお山にぶつけますw
 この日の天空の森は賑やかでした。狙いはキビタキ、オオルリですが、峠の手前のポイントに張り込むといろいろな野鳥が姿を見せてくれました。
 
 
 崖から谷を見下ろせるこのポイントでまず最初に登場してくれたのはオオルリでした。美しい青い背中を見せてくれましたが、遠すぎて写真になりません(ToT)。その次に登場してくれたのはキビタキ。こちらもなかなか近くに来てくれませんでした。相変わらず厳しいです。



オオルリ。遠すぎます。



キビタキ。微妙にまだ距離があります。トリミングもこれが限界。



このくらいのサイズなら多少は見られるのですが大きくは出来ません(o^^o)。


 オオルリとキビタキが去ると、静かになりました。崖の下十数メートルのところに目をやるとシジュウカラらしき鳥を発見。ところが双眼鏡で確認してみると、シジュウカラ科のヒガラである事が判明!それもどうやらその近くの藪の中に巣を作っているらしく、虫を獲っては巣に運んでいます。子育ての真っ最中なのかもしれませんね。



ヒガラ。虫をくわえています。


 ヒガラを近くで撮りたいのですが、なかなかそばに来てくれません。ハンティングの場所もどうやら谷を挟んだ反対側の斜面ようで、餌を運んできてはまた飛び立っていきます。
 ヒガラの撮影を諦めて、しばらく周囲の木を捜索します。すると再びキビタキのさえずりが聞こえてきました。肉眼で鳥の姿を探します。すると近くの木に何かが飛んできました。ドキドキッ!レンズを向けます。しかし、葉っぱに顔が隠れてよくわかりません。キビタキの雌かなぁ?



キビタキの雌?


 その直後、もう1羽の鳥が飛んできました。こちらは鮮やかなキビタキの雄でした。撮影したかったけど、先に来たキビタキの雌らしき鳥を撮りたいので、そちらに集中します。
 別の雄が来たため、謎の鳥は飛び立ちましたが、再びすぐ近くの木に留まりました。今度は顔が見えます!よく見てみると、その鳥はどうやら雌ではなく、雄の若のようです!まだ雌型の色が残る若い雄。う〜ん、ラッキー♪



おお?キビタキの若?



良いですね〜!でもすぐに飛んじゃいました〜♪


 微妙に手振れをしたのか、キリッとした写真にはできませんでしたが、若様が撮れたので満足です(o^^o)。
 その後はすぐ近くにアカゲラが来たりしましたが、残念ながら撮りそこなってしまいました(-_-#)。
 他はカケスが珍しく見えるところに来てくれたので撮影しましたが、ちょっとノイジーな写真になってしまいました(-_-#)。



カケス。良い角度がもらえません(ToT)・・・



ザラザラ(ToT)・・・ノイズリダクションでも取り切れず・・・



ちょっとトリミングしていますが、これが今回のベストかな。


 そんな感じでこの日もいろいろな野鳥に出会う事ができました。ま、そのうちチャンスが巡ってくるでしょう・・・d(^-^)。


■観察メモ:キビタキ♂、オオルリ♂、ヒガラ、シジュウカラ、ヤマガラ、ホオジロ、ウグイス、メジロ、ヒヨドリ、アカゲラ、コゲラ、カケス、カラス、オオタカ


| バードウォッチ | 04:00 AM | comments (0) | trackback (0) |

         









http://www.taccdrive.com/sugilog/tb.php?2397
PAGE TOP ↑

新しい記事 過去の記事