■プロフィール■
■カレンダー■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<前月 2019年09月 次月>
■カテゴリー■
■最新の日記■
■最新のコメント■
■記事ランキング■
■アーカイブ■
■LINK■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■


FUJIFILM FinePix X100



 ひさびさの機材ネタです。今回のネタはFUJIFILMのX100。地区戦ドライバーのこばじゅん選手所有のカメラです。
 これ、コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)なんですけど、これがとても味わい深いカメラなんですよね。センサーが、とか、画質がとか言う前に、手にしているだけで楽しくなるような、そんなカメラなんです。※個人的な感想です(o^^o)
 
 
 一眼レフやミラーレス一眼などと違ってレンズ交換ができないコンデジですが、最近のコンデジはスマートフォンのカメラの使い勝手の良さに押されて、性能の低い安価なモデルが淘汰され、高級モデルが目立つようになってきました。X100はまさにそんな高性能コンパクトデジタルカメラとして2011年にデビューしたモデルです。

 詳しいスペックは割愛させていただきますが、コンデジでありながら大型のセンサー(撮影素子)であるAPS-Cセンサーを使用していて、レンズは潔く23mm(35mm換算=35mm)単焦点を装備しています。そしてそのレンズの絞り開放値はF2。

 APS-CセンサーとはAPSフィルムのクラシックと言うサイズ(23.4mm×16.7mm)が基準になっているのですが、各社のセンサーサイズには微妙にサイズの差があるのですが、X100は23.6mm×15.8mmと言うサイズを使っています。ちなみにボクが使っているEOS 7D Mark IIは約22.4×15.0mmと言うセンサーサイズで、なんとX100よりもわずかながら小さいのです。ニコンのDXフォーマット(D7000等)が23.6×15.6mmで、これがX100と同じくらい。
 これまでは高級なコンデジでも2/3インチセンサー(8.8×6.6mm)や1インチセンサー(13.2×8.8mm)が普通で、スマートフォンともなれば1/3.2インチ(4.4×3.3mm)と言う小ささになってしまうのです。ま、今は技術が進歩しているので、小さいからぜんぜんダメと言うわけでもないんですけどね。

 そしてレンズ。23mm F2と言うFUJINONの単焦点レンズ。
 35mm換算で35mm相当の焦点距離を持ったレンズという事になりますが、広角レンズでも望遠レンズでも無い35mmをしっかり使いこなすのは意外と難しいです。ついついズームリングで簡単に画角を調整できてしまうズームレンズを使っていると単焦点の撮り方を忘れてしまいますよね。
 そしてF2と言う絞り開放値。明るいです。普通は2.8で『明るいね〜』って言われるのですが、それよりも明るいF2。開放からイケのかどうかわかりませんが、少し絞ったところでも良いボケ具合が出るのは想像できます。

 あとはフィルムシミュレーション機能。多彩な「フィルムシミュレーションモード」を搭載していて、Velvia、PROVIA、ASTIAと3種のフィルター効果を使ったモノクロ撮影などができるそうです。キヤノンのピクチャースタイルみたいなものなのでしょうけど、フィルムの味を再現しているあたりがさすがはフィルムメーカーと言う感じですよね。

 あ、結局ごちゃごちゃ書いちゃった(o^^o)。
 X100は性能面でもすごいけど、やっぱり実際に手にしてみた時の満足感が良いんです。お気に入りの腕時計みたいな感じで、眺めているだけでわくわくしてきます。
 これって、なんでしょうかね。レンズに絞りリングがあったり、軍艦部に露出補正やシャッタースピードのダイヤルがあったり・・・なんだか『機械』って感じが良いんですよね。
 そして見た目だけでなく、撮影時にはこれらのダイヤルの使い勝手が良くて、設定も一目瞭然。



Canon EOS 7D + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO



Canon EOS 7D + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO


 そんなわけでX100のお話でした。こばじゅんさん、ありがとうございました♪
 ボクもLX2に替わるコンデジが欲しいと思っているのだけど、X100は中古でもなかなか高いので手が出ません。性能的にはキヤノンのG1 XかG7 Xあたりも良いなと思うのですが、X100のような雰囲気は無いんですよね〜。


参考出品:CANON demi EE17

Nikon Coolpix E5700


参考出品:Canon AE-1

Panasonic Lumix DMC-LX2


| カメラ | 06:00 AM | comments (0) | trackback (0) |

         









http://www.taccdrive.com/sugilog/tb.php?2705
PAGE TOP ↑

新しい記事 過去の記事