■プロフィール■
■カレンダー■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<前月 2018年01月 次月>
■カテゴリー■
■最新の日記■
■最新のコメント■
■記事ランキング■
■アーカイブ■
■LINK■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■


PCXの装備はどんな感じ? 2



 さて、PCXの装備のお話、続きです。
 続いてはハンドル回り。PCXのハンドルバーは樹脂などのカバーを持たないタイプで、パイプハンドルが丸見えになっています。スクーピーもそうでしたが、スクーピーの場合はメーターカバーがハンドルクランプを覆っていました。しかしPCXはハンドルクランプも丸見えで、ハンドルバー同様、クロームメッキが施されていて、六角ボルトにはカバーがつけられるなど、見た目をすっきりさせています。
 
 



 ブレーキホースやケーブル類、ハーネス類はハンドル前方のパネルの隙間に整然と集められていて、見た目を良くしています。

 次にハンドルのディマースイッチを見てみましょう。まずは右側から。
 右グリップ根元のスイッチは上部にアイドリングストップシステムのオン/オフスイッチがあります。暖気などをしっかりやりたい場合はこのスイッチをオフにしておくと良いかもしれません。
 中段にはハザードスイッチが備わっています。ハザードスイッチと言うと大きなバイクにしか装備されていないと思っていましたが、PCXには付いているんですね。驚きました。もちろんボクが乗ってきたバイクにもハザードが装備されていたものはありません。
 ハザードスイッチの下にはスターターボタンがあります。前にも書いたとおり、左ブレーキレバーを握りこんでから押さないと始動できない仕組みになっています。





 続いて左グリップにあるスイッチです。こちらは上部にヘッドライトのハイ/ロー切り替えスイッチがあります。海外仕様のPCXにはライトのオン/オフスイッチがあるのですが、国内仕様にはありません。せめてポジションライトを装備して、ヘッドライトをオフにできるようにしてくれればと思うのですが、どうやら現在は道交法でヘッドライトの常時点灯は義務化されているようです。ヘッドライトがカウルにマウントされているPCXの場合、信号待ちとかで対向車に申し訳ないって思う事がよくあるので・・・

 そして次がホーンボタン。一番押しやすい中段に滅多に使わないホーンボタンがあるのはPCXだけかも?『なぜこのレイアウトなんだ』と言う意見が散見されるホーンボタンの下にウインカースイッチ。確かにスクーピーもウインカーの下にホーンボタンでしたから、PCXで最初にウインカーを出した時、ボクは誤ってホーンを鳴らしてしまいました。
 なぜ、一番押しやすい位置にでかいホーンボタンが・・・?謎ですw まぁ、今は慣れたから良いんですけどね・・・
 あと、ウインカーといえば、操作性がいまひとつです。特に右に出す時にひっかかりがあり、ウインカーが出せなくなる事があります。これはプッシュキャンセラーの動作方向にレバーが入ろうとしてしまう事が原因のようです。
 プッシュキャンセラーとは、ウインカーの点滅をレバーを前方に押す事でキャンセルできる機構のことです。どうやらこれが悪さしてレバーがひかっかるようです。でも、ウインカーが出せない事に気を取られて事故でも起こすといけないので、テフロン潤滑剤を少量塗布して、改善してみました。少しはマシになりましたが、まだひっかることがあるので油断は出来ません。これについてはメーカーから対策パーツが出ることを期待したいものです。





 次はキー周りです。スクーピー同様、PCXにもキーホールシャッターが備わっていますが、PCXの場合はさらに進化していて、キーをハンドルロックの位置まで回して抜くと、自動的にシャッターが閉まるようになっています。トランクに忘れ物をした場合などはちょっと面倒ですが、盗難やイタズラ防止には必要な装備だと思うので良しとしましょう。
 また、キーを始動位置からひとつ左に戻したところで、右側にある縦長のレバーを上下に押すことで給油キャップの蓋を開けたり、シートのロックを解除したり出来ます。これはとても便利ですね。
 さらにシートは開いた状態で止まる、ストッパーがこのJF56から装備されたので、シートを支えていなくても荷物の出し入れが可能となりました。これも便利♪


キー周辺。右側の黒いレバーがとても便利!



給油口のカバーが開きます。



 最後はグローブボックス。フロントパネル左側に備わっている蓋付のグローブボックスには500mlのペットボトルがそのまま入る深さを持っています。また、DC12Vのシガーソケットを標準で装備していて、スマートフォンの充電器などが使えるようになっています。ただ、これについては使い勝手がいまひとつな感じです。無いよりはもちろんあったほうが良いのですけどね。その辺の話はまたあとでレポートしましょう。
 あと、縦に深いボックスはペットボトルを入れる意外は使いにくいかも。シグナスXみたいにオープンな小物入れのほうが使いやすいかなぁ。見た目はスッキリしていて良いんですけどね。


グローブボックス。シガーソケット付です。



 まぁ、いろいろ文句を書きましたが、多少不便なところはあってもカッコイイから許しちゃいますw ※個人的な感想です(o^^o)
 あとは自分でちょこちょことカスタマイズして使いやすいようにしていきたいと思います。コンビニフックも付けたりとかねd(^-^)


 そんなわけでハンドル周りのレポートでした♪


| バイク・クルマ | 06:00 AM | comments (0) | trackback (0) |

         









http://www.taccdrive.com/sugilog/tb.php?2800
PAGE TOP ↑

新しい記事 過去の記事