■プロフィール■
■カレンダー■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<前月 2019年11月 次月>
■カテゴリー■
■最新の日記■
■最新のコメント■
■記事ランキング■
■アーカイブ■
■LINK■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■


AZ1を群馬に回送



 クーラントにオイルが混入すると言うトラブルが続いていたAZ−1。それでも騙し騙し走らせていましたが、ついにどうにもならなくなってきたので、群馬県伊勢崎のDチューンショップ・ローリングに運ぶ事になりました。

 
 もう自走は不可能な状態になっているので、某ショップの社長さんにお願いして特別にローダーをお借りして運ぶ事にしました。日野デュトロのロングです。
 積車にしては確かに長いと思いましたが、なるほどロングなのですね。

 とりあえず八王子の某所で積車を受け取り、TACC本部に置いてあるAZ−1を積み込みに向かいます。

 狭い峠道を通り、本部についてみると、奥の方にAZ−1が止まっていました。
 なんか久しぶりだなぁ、AZ−1見るの!・・・などとつぶやきながら近づいてみると、なんとAZ−1は・・・





 朽ちていました・・・(^_^;A




 いやいや、乗っていないとこうなっちゃうのねぇ〜って感じです(o^^o)。こりゃエンジンがなおってもいろいろお金がかかりそうだなぁ。外装もそうだけど内装もそうとうきていますよ。まあ、外装は磨いて磨いてステッカーを貼りなおしてやれば良いんだけど、バケットとかねぇ・・・。



写真で見るとそんなにひどくないんですけどね(o^^o)。


 そんなわけで積み込もうと思い、AZ−1のエンジンをスタートさせます。が!ここで問題。エンジンがかかりません。セルが回らないんです。っていうかバッテリーが完全に逝ってます。おかしいなぁ。正月に走らせたのに〜。充電器でもどうにもならないほど逝っちゃってるみたいです。
 AZ−1が停まっている場所までは積車は入れません。うーん、とりあえず手で押してみますが、ディスクが張り付いていて簡単には動きません。そこで、牽引ロープを使ってSWで引き出す作戦を展開。適当にハンドルを切らせておいて、SWで牽引します。勢いを付けすぎるとAZ−1に追突されかねないので注意して引っ張ります(o^^o)。
 積車のところまで引き出して、今度は積車のウインチを使って荷台に上がります。AZ−1の運転席に座って、ウインチのリモコンを操作します。
 ガッチャとウインチでクルマを固定して積み込み完了!





 さて、そんなわけでまずは別件の用事で所沢に向かいます。所沢から関越自動車道に乗って伊勢崎のローリングに向かいます。
 しかしトラックの運転って、いつも思うのですが、本当にサイドミラー頼みですよね。サイドミラーがなかったら曲がれないかもとはちょっとオーバーかもしれないけど。でも、いつもバスとか大型トラックとかがガードレールや縁石にあと数センチってところまで寄せて走るじゃないですか。あれって実はそんなに難しくないんですよね。ミラーさえちゃんと見えていれば。



ミラーが大事ですよ。奥さん!


 そんな感じでローリングに到着〜!私の場合、エンジン関係はろりたんにお願いしています。足回り、SWのミッション、足回りはプロフォースさん、ボディそのほかはアクションさんという感じです。



知らない間にお店らしくなっている!



おお、全日本車両のこんなクルマも・・・



おお、かつてのC車両ですぜ!



よいしょっと。ここに収まりました。AZ−1。向こう側にはやはり全日本車両が・・・!


 4月にならないと手が空かないと言うろりたん。まあ、暇なときにゆっくり作業してもらえればオッケーです。
 ということでろりたんよろしくね〜!


| バイク・クルマ | 01:00 PM | comments (0) | trackback (0) |

         









http://www.taccdrive.com/sugilog/tb.php?286
PAGE TOP ↑

新しい記事 過去の記事