■プロフィール■
■カレンダー■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<前月 2018年01月 次月>
■カテゴリー■
■最新の日記■
■最新のコメント■
■記事ランキング■
■アーカイブ■
■LINK■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■


エアガンはじめました・・・



 突然ですがエアガンはじめました(o^^o)。
 それは9月の半ばでした。職場のボスがコンバットマガジンと月刊Gun誌を突然買ってきたのです。『すぎさわさん、こういうのどうですか?』・・・とボス。訊くと『エアガンを撃ってみたくて』と言うボス。
 
 
 ボクはやはり20年くらい前に勤めていた職場のボスがエアガンにこりだした事があって、その時おつきあいでエアガンを何丁か買いました。その時はバイク仲間なども加わって近所の河原で10人くらいでサバイバルゲームのようなこともしていましたねw。

 自分から率先してエアガンを買う事はあまり無かったのですが、それは自分の中で『鉄道模型とエアガンには手を出さない』と家訓があったからなのですw
 誓いというほどかたくななものでもないんですけど、鉄道模型はレイアウトをやりだすと広い場所が欲しくなるし、いくつ作ってもキリがなさそうなので手を出さないことにしました。エアガンはサバイバルゲームがどうも苦手なのと、撃つ場所がそんなにないのに銃ばかり買ってしまいそうなので却下してきました(o^^o)。

 そんなわけでボスがエアガンを撃ってみたいと言い出してから2週間ほど経ったある日、ボスがボクにこう言いました。『ストレスを発散するにはどんな銃が良いですかね?』と・・・。
 『ストレス発散ならフルオートのマシンガンが良いとは思うんですけど、サバゲをやるとかじゃないならすぐに飽きますよ』とボク。『フルオートじゃないとしたら?』『フルオートじゃないとしたら、セミオートのハンドガンやボルトアクションのライフルで精密射撃とかはどうです?』と、言ってみます。『精密射撃!良いですね。どんな銃が良いんですか?』とボス。

 ボクは仕方なくネットで調べ始めます。そもそも銃に関してはマニアではないので、普通の人より少し知っているという程度。まして最近のエアガン事情などまったく知らないから困りました。
 ボクが最後にエアガンを買ったのは東京マルイの電動ガンにホップアップが付き始めた頃ですからそれから20年くらい経っています。とりあえず東京マルイのサイトをチェック。エアガンのラインナップを確認します。やはりサバゲでは電動フルオートが主流のようですが、リコイルショックをリアルに再現した『次世代電動シリーズ』なるものもあるようです。ガスガンもハンドガンはいまだにガスブローバックモデルが主流のようで、フルオートのガスガンも健在でした。

 さらに調べていくと、APSカップと言う、精密射撃の競技会の情報にたどり着き、そのレギュレーションで使える銃を調べてみましたが、ハンドガン以外の入手が難しいようです。
 ま、お遊びだからそこまで行かなくても、ある程度の命中精度があれば遊べるかなという事で、東京マルイのボルトアクションライフルを見てみることにしました。

 東京マルイのボルトアクションライフルにはVSR-10というレミントンM700を参考にモデルアップしたものがあり、オーソドックスだけど信頼性の高いライフルで、チューニング次第では20メートルレンジで10円玉に当てられるというものらしいです。
 結局、いくつかあるVSR-10の中から、ある程度撃った感のありそうなリアルショックモデルのスコープ付セットを薦めてみました。他にもイギリス軍正式採用のL96 AWSやM40A5などがありますが、そちらはちょっとお高いのでベーシックなVSR-10にしてみたわけです。

 そして9月の終わりの土曜日。職場にターゲットとマガジンローダーが突然届きました。『なんですかこれ?銃が無いのにマガジンローダーと的を買ったんですか?』とボスに尋ねると『銃も発注しましたが、着くのは週明けになるそうです』とボス。『ええ?本当ですか?ほんとに買っちゃったんですか?』・・・(o^^o)。

 その日のお昼。『ボス、八王子の駅の近くにガントって言うガンショップがあるらしいですよ』とボクが言うと、『行ってみますか?』とボス。
 最後の仕事が終わった後、ボクはボスとともにそのガンショップに行ってみました。

 ガンショップのおやじさんは無口で写真家の岩合光昭さんに似た感じでした。『精密射撃なら今はL96が一番良いですよ』とおやじさん。そのライフルのODストックモデルを見せてもらいます。『オープンサイトが無いという事はスコープをつける必要があるんですね?』とボクが言うとおやじさんは『そうですね』と少し笑いを浮かべて頷きました。
 『スコープ、スコープマウント・・・合わせていくらですか?』・・・おやじさんは電卓を叩きます。『すぎさわさんはこれで良いですか?』とボスがボクに言いました。『え?ボクですか?ボクはいいですよ!これ、高いですし・・・』『コーチ料のかわりに差し上げますよ』・・・

 ボスはさらにガスブローバックハンドガンのUSPコンパクトやBB弾、ガスなどを購入して、職場に戻りました。残業していた女性職員が帰ると、ボクたちは段ボール箱を用意して、ターゲットを貼り、買って来たエアガンを試射してみます。
 ハンドガンの小気味よいブローバックの反動に『これは楽しいですね』と笑うボス。
 ボクはその様子を見ながらL96のマウントレールにスコープを取り付ける作業を進めます。仮留めしたスコープを覗きながら位置を調整し、ストック後端のパットプレートを1枚取り外します。
 続いて、8メートルレンジでゼロインを実施。スコープは東京マルイのプロスコープと言う普通のモデル。3-9倍のズームで対物レンズは40mmです。8メートルだと9倍ではピントが合わないので、8倍あたりに戻して使用します。
 試射でいきなり大きく外して、買ったばかりの粘着タイプのターゲットのフレームを割ってしまいました(o^^o)。10メートル以上での使用を前提としているターゲットなので、初速の高いL96の至近弾には耐えられなかったようです。

 30分ほどかけてスコープを調整し、8メートルで3センチほどのグルーピングにまとまるようになったので、そこからニーリングや立射での射撃を試みます。
 3.6kgと実銃の6.5kgよりは軽いものの、その重さに翻弄されるボク。
 「パスッ」と小さな発射音ですが、スコープのレティクルの中心に白いBB弾がまっすぐ吸い込まれていくのが見えます。これはちょっと楽しいかも・・・(o^^o)。
 ボスも96を試射して『すごいですね、これ』と驚いていました。





 そんなわけでこのブログ、またまた何やら変な方向に進みだしましたよ・・・(o^^o)


| ラジコン・エアガン | 06:00 AM | comments (2) | trackback (0) |
愛猫家さん>
 最近はゲームの影響からエアガンに興味を持つ人も多いようです。
 火薬!w ボクも使いましたw・・・
| すぎちゃん | EMAIL | URL | 2017/10/25 11:33 AM | spFZTyxM |

男子なら一度は通る道(笑)


時効でしょうけど、火薬をいっぱい使いました(謎)
| 愛猫家 | EMAIL | URL | 2017/10/24 12:38 PM | /5/4t9To |


         









http://www.taccdrive.com/sugilog/tb.php?3280
PAGE TOP ↑

新しい記事 過去の記事