■プロフィール■
■カレンダー■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<前月 2018年08月 次月>
■カテゴリー■
■最新の日記■
■最新のコメント■
■記事ランキング■
■アーカイブ■
■LINK■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■


PCX(JF81)の操作系



 続いてはPCXの操作系のレビューです。
 一応フルモデルチェンジなので細かな部分もかなり変更が加えられています。その最大のポイントは何と言ってもスマートキーの採用でしょう。今回はそんなスマートキーの使い心地などを含めた操作系のレポートをまとめてみました。
 
 
 PCXはこのJF81になって初めてスマートキーが採用されました。スマートキーは説明するまでもないと思いますが、物理的なキーを使わずにリモコンキーを持っているだけでドアロックが解除できたり、エンジンを始動することができる今やクルマでは標準装備となりつつある機能ですよね。
 バイクの場合、ドアはありませんから、メインスイッチを入れたり、トランクや給油口のフタを開ける事ができるようになるという程度ですが、これが使ってみるとやっぱり便利なんですよね。

 PCXの場合は、旧型のJF56のキーシリンダーがあった位置にメインスイッチのダイヤルが設置され、リモコンキーをポケットなどに入れた状態でバイクに近寄ってダイヤルを押し込みながら時計回りに回すとダイヤル周りの青いLEDイルミネーションが点灯し、右に一段回すとハンドルロックが解除され、さらに一段回すとトランクや給油口のフタが操作でき、さらに一段回すとイグニッションスイッチがONになるという具合になります。あとは左ブレーキレバーを握りながら右のディマースイッチにあるスターターボタンを押すだけでエンジンがスタートできます。


リモコンキーは2個付属。それぞれにIDナンバーが割り当てられています。



ダイヤルを押し込んで右に回すと青いLEDが点灯。



夜だとこんな感じ。ライトアップされるので操作しやすいです。



JF56の場合はオートキーシャッターが装備された通常のキーホールタイプでした。



 JF81はこのエンジンスタートの時点で新型であることを体感できます。
 慣れないと何かを忘れているような感覚になりますが、慣れてくるととても便利に感じます。
 旧型ではハンドルロック位置まで回してキーを抜くと、自動的にキーシャッターが閉まるのですが、その時にラゲッジルームに忘れ物があることを思い出したりすると溜息が出たものです。キーシャッターはキーのグリップに付いているマグネットキーを使って解除しなけれならず、それからキーを刺しなおしシートが開く位置にキーをひねり、キーシリンダーの横にあるシート開閉用のボタンを押さなければならないのです。マグネットキーの操作はちょっとコツがいるのでとても面倒な作業になるんですよね。それが新型ではダイヤルを回してシート開閉ボタンを押すだけ。とても簡単です。

 強いて言えばダイヤルの押し込みがちょっと深くてしっかり押し込まないと引っかかってしまうような感じになり、壊してしまうんじゃないかと心配になります。ま、これは慣れの問題だと思うので、意識して押し込む癖を付ければ解決するかもしれませんが。
 あと、リモコンなので電池切れが心配ですよね。リモコンの電池が切れたら何もできなくなるのですから、ツーリング先などでは大変なことになります。しかしJF81ではスマートキーの他にエマージェンシーキーというものが付属していて、これを使ってエンジンをスタートさせる事ができるのです。とても面倒な手順を踏まなければならないのでその内容については割愛しますが、とにかく電池が切れてもなんとかなるというわけです。でもボタン電池の予備を持っていれば済むことなので、あらかじめ携行しておくことが一番良いでしょう。

 さて、続いてはラゲッジスペースです。前述のスマートキーダイヤルの右横に配置された縦長のボタンの下側を押すとシートのロックが解除され、手で持ち上げると開くことができ、ラゲッジスペースにアクセスできるようになります。
 このシートの開閉にも改良が施され、新型では軽く開けるようにスプリングが組み込まれました。開いた状態で止まる機能はJF56から備わっていますが、今回のJF81でも踏襲されています。

 また、ラゲッジスペース自体も25リットルから28リットルに容量が拡大されました。これによりJF56のラゲッジスぺースに収まるように選んだ4段カーボン三脚は余裕で収まるようになりました。JF56ではちょっとでも角度が悪いと収まらなかった三脚が、JF81では向きさえ合っていれば適当に入れても収まるようになりました。これはうれしいですね。
 あと、車載工具と書類がシート裏面にゴムバンドで格納できるようになりました。これもちょっとした改良ですね。


シートの開閉や車載工具、書類の収納にも工夫が。



容量が拡大されたラゲッジスペース。



 シートオープナーのボタンの上側を押し込むと給油口のフタが開きます。これはJF56から変わっていないような感じですが、スーッと開く感じは高級感があります。しかし閉めるのは手動なのですが、フタの材質が剛性感のない樹脂製なためか、操作感は実にチープです。


給油口。これはぜんぜん変わりない感じですが使いやすいです。



 そうそう、シートについてはひとつ問題があります。スプリングが付いて軽く開くようになったシートですが、軽いせいか勢いが余るとハンドルバーのディマースイッチにシートが当たってしまうんです。特にハンドルを直進状態にしているとホーンボタンとハザードボタンにシートが当たり、ホーンが鳴ったりハザードが点灯したりしてしまいます。JF56のつもりでシートを開けると『ピーッ』って感じです。これは慣れれば用心するようになりますが、わずか30mmか40mm、開き切る位置を制限してやればこのような事がなかったはずなのですが・・・ま、これについては自分で何か対策を考えたいと思います。

 ラゲッジスペースにも問題があって、容量が拡大されたと書きましたが、フルフェイスのヘルメット(アライGP-5X)を入れるとシートがきっちり閉まりません。一応閉まるのですが、横から覗くとシートがわずかに浮いているという状態です。JF56でも同様でしたが、ほんの数十ミリ、深くしてくれれば解消された問題ですよね。あと、車載工具をシート裏に収納しているとフルフェイスのヘルメットは格納できません。これもちょっと残念。


開いたシートがホーンボタンやハザードボタンにぶつかります。



 次はインナーボックスです。PCXには左側のカウル内側に500mlのペットボトルが収納できるインナーボックスが装備されていますが、JF81では開口部が拡大され、アクセスがしやすくなっています。こんなところにも改良が施されているのには感心します。
 JF56同様、中にはシガーソケットが装備されているので、12Vの電源を使ってスマホなどを充電することができます。充電ケーブルを外へ出すルートがないので使い勝手はいまひとつですが、無いよりはあった方が良いです。


フロントインナーボックス。ハンドルロックと連動したロックが欲しいところです。



上面から大きく開くようになったので出し入れはしやすくなりました。



JF56のフロントインナーボックス。確かにちょっと使いにくかったですね。



 最後はハンドルバーのディマースイッチです。これはほとんど変わっていないのですが、ハザードスイッチがちょっと変わりました。
 JF56では横スライドのレバーだったハザードスイッチですが、JF81ではホーンボタンと同じデザインのプッシュボタンに変わりました。『ハザードはやっぱりプッシュオンじゃなくちゃ』という意見があったのかどうかはわかりませんが、個人的にはホーンボタンと同じ形をしているので押すのに一瞬ためらっちゃうんですよね。今は慣れましたが最初はちょっと混乱してしまいました。ホーンボタンは左手で操作するものですから右側のディマースイッチに同じようなボタンがあったとしても普通は問題ないのでしょうね(*^^*)。


右のディマースイッチ。下からスターターボタン、ハザード、アイドリングストップと並びます。



左のディマースイッチ。下からウインカー、ホーン、ハイ/ロービームと並びます。



 乗り始めの頃はウインカースイッチの操作感が硬くて使いづらかったのですが、だんだんアタリが付いてきたのかスムーズに動くようになってきました。これでシリコンスプレーでもちょっと吹いてやればだいぶ良くなると思います。JF56も最初はウインカースイッチがプッシュキャンセル方向に入ろうとして引っかかったりしていましたからね。
 あと、相変わらず他のバイクと違ってよく使うウインカーが下、あまり使わないホーンボタンが押しやすい真ん中にあります。PCXしか乗らない人は良いかもしれませんが、ボクみたいにスクーピーにも乗る人はちょっと混乱しちゃいますよね。あ、そうそう、スクーピー復活させました。その件については別の機会に書きます。

 そんなわけで操作系のレビューでした。


■関連記事
PCXの装備はどんな感じ? 2 http://www.taccdrive.com/sugilog/index.php?e=2800


| バイク・クルマ | 06:00 AM | comments (2) | trackback (0) |
愛猫家さん>
 今や軽自動車でもスマートキーが当たり前になりつつありますよね。仕事でムーヴキャンバスに乗っていますがその装備のすごさには驚かされます。
 関西ではPCXが250台盗まれているとか物騒ですからね。セキュリティとしてどれほど有効なのかはわかりませんが、盗む気がなくなるような構造になってほしいですね。
| すぎちゃん | EMAIL | URL | 2018/08/13 12:20 AM | 19kWzN46 |

 バイクこそイモビが有効ですね。先日ミラの代車に新型ムーヴを借りましたが、返す際にキーをポケットに入れたまま・・・帰宅してディーラから「鍵を返して下さい!」っと、携帯いコールがががががっ(笑)
| 愛猫家 | EMAIL | URL | 2018/08/12 03:42 PM | /5/4t9To |


         









http://www.taccdrive.com/sugilog/tb.php?3310
PAGE TOP ↑

新しい記事 過去の記事