■プロフィール■
■カレンダー■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<前月 2018年11月 次月>
■カテゴリー■
■最新の日記■
■最新のコメント■
■記事ランキング■
■アーカイブ■
■LINK■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■


PCX(JF81)のスペック



 PCXのスペックをメモするの忘れていました(o^^o)。
 サイズ的にはJF56に対して新型は5mm短くなっていて、全幅と全高は逆に5mm拡大。ホイールベースは変わらずで、最低地上高は2mm、シート高は4mm高くなっています。車重は同じ130kg。最小回転半径0.1m小さくなって1.9mとなっています。
 
 
 60km/hの定地燃費は54.6km/lとJF56に対して約1.7%ほどアップしています。
 水冷4ストロークOHC単気筒は排気量、ボアストローク、圧縮比など変わりはありませんが、エンジン形式がJF81Eに変わっているところから、まったく同じエンジンではないということがわかります。エンジンパワーは12馬力と変わりないように見えますが、キロワットに直すとJF56が8.6kWでJF81は9.0kWとわずかながら旧型を上回っています。エンジントルクや発生回転数などは変わりありません。

 インジェクションシステム、点火方式、燃料タンク容量などに変更はありませんが、変速機のVマチックについてはワイド化されているという情報もあるので、最高速の向上や低燃費につながっているのかもしれませんね。

 そして大きく変わったのがタイヤサイズとタイヤの銘柄。サイズは14インチ径は同じですがJF56よりJF81の方が前後ともに太く扁平サイズになっています。
 また、タイヤもIRCからミシュランに変更され、ウェットのグリップ性能で好評なCITYGRIPがおごられています。このタイヤ、ちょっとお高くて減りも早いのですがJF56に入れようと思っていたタイヤなのでその性能については興味津々です。

 JF56 タイヤサイズ/前 90/90-14M/C 46P  後 100/90-14M/C 51P
 JF81 タイヤサイズ/前 100/80-14M/C 48P 後 120/70-14M/C 55P

 ブレーキ形式は変更ありません。フロント3ポッドシングルディスク、リアは相変わらずドラムブレーキです。
 サスペンションも変更はないのですが、リアのスプリングはトリプルレートに変更されていてよりプログレッシブな動きが期待できます。

 最後にフレーム形式。スクーターに多く見られるアンダーボーン形式から本格的なスポーツバイクに見られるダブルクレードルフレームに変更されました。これは明らかに走りに影響しそうな進化ですが、そこまで攻めた走りはしないので果たしてわかるかどうか・・・(*^^*)。JF56でもフレームのよじれなどは感じなかったですからね。もっともその程度の走りしかしていない、と言えばその通りなのですが・・・(o^^o)。特にハンドルポスト付近の剛性はかなり違うと思うので、それがハンドリングにどう影響しているのか、とても興味深いです。


■PCX 主要諸元
車名・型式/ホンダ・2BJ-JF81
全長(mm)/1,925
全幅(mm)/745
全高(mm)/1,105
軸距(mm)/1,315
最低地上高(mm)/137
シート高(mm)/764
車両重量(kg)/130
乗車定員(人)/2
燃料消費率
国土交通省届出値 定地燃費値(km/h)/54.6(60)〈2名乗車時〉
WMTCモード値(クラス)/50.7(クラス 1)〈1名乗車時〉
最小回転半径(m)/1.9
エンジン型式・種類/JF81E・水冷4ストロークOHC単気筒
総排気量(cm?)/124
内径×行程(mm) /52.4×57.9
圧縮比/11.0
最高出力(kW[PS]/rpm)/9.0[12]/8,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)/12[1.2]/5,000
始動方式/セルフ式
燃料供給装置形式/電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉
点火装置形式/フルトランジスタ式バッテリー点火
燃料タンク容量(L)/8.0
変速機形式/無段変速式(Vマチック)
タイヤ/前 100/80-14M/C 48P  後 120/70-14M/C 55P
ブレーキ形式/前 油圧式ディスク  後 機械式リーディング・トレーリング
懸架方式/前 テレスコピック式  後 ユニットスイング式
フレーム形式/ダブルクレードル

メーカー希望小売価格(消費税込み)/342,360円(消費税抜本体価格 317,000円)

■道路運送車両法による型式認定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)
■製造事業者/Honda Vietnam Co., Ltd.
■製造国/ベトナム
■輸入事業者/本田技研工業株式会社

※出典 Honda https://www.honda.co.jp/


 そんなわけでスペックのお話でした。


■関連記事
走る!曲がる!止まる!PCXの実力とは? http://www.taccdrive.com/sugilog/index.php?e=2798


| バイク・クルマ | 06:00 AM | comments (0) | trackback (0) |

         









http://www.taccdrive.com/sugilog/tb.php?3312
PAGE TOP ↑

新しい記事 過去の記事