■プロフィール■
■カレンダー■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<前月 2018年11月 次月>
■カテゴリー■
■最新の日記■
■最新のコメント■
■記事ランキング■
■アーカイブ■
■LINK■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■


PCX日記 Vol.8



 さて、今更ですが今回はJF56型のPCXについてまとめを書きます。
 2015年11月27日から2018年7月1日まで乗った旧型PCX。友人Hくんの死という、悲しい出来事をきっかけにボクが乗る事になったPCX。しかし彼のお陰でPCXのすばらしさを知る事ができました。
 
 
 新型を買うにあたって、普通は下取り価格が決まった時点でショップにバイクを引き渡さなければならないのですが、ホンダショップにお願いして次の日曜日まで待ってもらう事にしました。やっぱりお別れするならきちんとしたいですからね。

 
毎日のように通勤で乗ったJF56。



 そして7月1日の日曜日にJF56のラストランを行ないました。しかもこの日はJF56の最初で最後となるタンデムツーリング。嫁さんを後ろに乗せて走ってみました。コースは八王子→津久井湖→相模湖→藤野→和田峠→八王子というショートコース。Hくんは息子をタンデムシートに乗せたことがあるそうですが、ボクがオーナーになってからタンデムステップを使うのは初めてです。アルミ製のタンデムステップを引き出して嫁さんを乗せてスタートします。

 やはり125cc。2人乗りは操縦性ががらりと変わります。明らかにフロントの接地感が乏しくなりました。直進性にも悪影響が出ていて、低速ではふらつきます。まぁタンデムに慣れていないボクのせいでもあるんですけどね。後ろに乗る嫁さんはシートが大きくて乗り心地が良いと言っています。
 バイク乗りを後ろに乗せるとおもしろい事にコーナーに入るとバイクが勝手にバンク(バイクが傾く)するんですよね。後ろの嫁さんが無意識に体重移動しているからなんです。その曲がり方に最初は面食らいましたが、慣れると息が合うようになります。そして嫁さんが居眠りし始めるとバイクは曲がらなくなりますw 後ろの人が怖がっていたりすると逆にバイクは曲がりにくくなるんですよね。
 思えば嫁さんとタンデムツーリングしたのは結婚する前にヤマハXZ400で伊豆を走って以来です。カワサキKMX200で転倒し、左膝前十字靭帯断裂という怪我をして数か月バイクに乗れなかった嫁さんを気晴らしにタンデムツーリングに連れて行ったのですが、その時乗ったXZ400はHくんから借りたものでした。ナナハン並みの車重にシャフトドライブという、ツアラー的なXZ400でしたが、普通自動二輪免許で乗れる最大排気量である400ccのバイクに乗ったのはそれが初めてでした。
 『前に乗ってみる?』と嫁さんに聞くと『久々のバイクでいきなりタンデムの前は嫌だなぁ』と尻込みするので、家に戻ってから単独でPCXに乗せてみました。『うん、乗りやすいね』と嫁さん。


JF56最後のツーリングは嫁さんとタンデム。



スマホホルダー等を外してから最後のお掃除。



ホンダショップにJF56を引き渡し。ありがとう!PCX。



ODOメーターは9409km。ボクが乗ったのはこのうち約8700km。



最後に表示していた平均燃費計は45.3km/l。



 JF56ではあまりロングツーリングをしませんでしたが、柳沢峠や奥多摩、三浦半島、三番瀬などとあっちこっちに鳥撮りのために出かけました。カメラザックを背負い、三脚をキャリアに括り付けたりラゲッジスペースに格納したりして走りましたが実に快適でした。
 こうしたツーリングでお尻が痛くなることもほとんど無かったし、ゆったりしたライディングポジションのおかげで楽に走り続けることができました。パワーがあるとは言えないエンジンでしたが、一般道を車の流れに合わせて走るにはじゅうぶんな動力性能を持っていました。
 そしてくどいようですが低燃費。ツーリングで50km/lを下回る事は皆無で、最高は2016年6月12日に記録した55.84km/l。都内から埼玉県を回った鳥撮りツーリングでした。
 通勤では夏で40〜45km/l、冬で35〜40km/lくらいでした。最低は2018年2月26日に記録した32.37km/l。35km/lを下回ったのはこの時が唯一でした。なぜこんなに悪かったのかは不明です。

 燃費記録アプリに残された記録は走行距離が8890km。使用したガソリンは211.94リットル。ガソリン代は25,251円でした。トータル燃費は41.95km/l。あまり良くない数字ですが通勤がメインだったのでこんなものでしょう。


トータルの給油データ



 トラブルはほぼありませんでしたが、去年と今年の真冬にアイドリングストップに入らないという事が数日ありました。おそらくバッテリーがヘタってきて、コンピュータがアイドリングストップを回避したのでしょう。それと、今年の真冬に、極低速のクラッチが切れるかどうかのあたりでVベルトがビビるよな音が出るという現象が起きました。これは暖かくなったら解消されました。Vベルトが寒さで硬化していたのでしょうか。あとはこれも今年の真冬ですが、ウインカーが作動しないという現象が数回ありました。これはウインカースイッチに接点復活剤を塗布したら直りました。トラブルらしいトラブルはこんなところです。

 下取りに出すにも関わらず、ショップに引き渡す直前にガソリンを満タンにしたJF56。感謝を込めての給油です。最後の記録は50.18km/lでした。タンデムした割には低燃費で締めくくる事ができました。

 そんなわけでPCXに感謝感謝です。ありがとう!すばらしいバイクでした。


| バイク・クルマ | 06:00 AM | comments (0) | trackback (0) |

         









http://www.taccdrive.com/sugilog/tb.php?3339
PAGE TOP ↑

新しい記事 過去の記事