■プロフィール■
■カレンダー■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<前月 2019年08月 次月>
■カテゴリー■
■最新の日記■
■最新のコメント■
■記事ランキング■
■アーカイブ■
■LINK■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■


Canon PowerShot G7 X Mark II 1



 G7X MarkII。ボクのじゃないです(o^^o)。お友達のオカノクンが年末にこのカメラを買ったので、お借りしていろいろ撮影してみました。
 『カメラを買おうと思うんだけど、すぎちゃん選んでよ』とオカノクンから相談を受けたのが11月の終わりごろでした。ちょうどボクもSX740HSを手に入れたので、コンデジについては少し勉強していました。『気軽に撮れるやつが良い』と言うオカノクン。『承知しました!』とさっそく選定に着手。
 
 
 超望遠からマクロまで遊べるSX740のようなカメラも楽しいけど、オカノクンはキノコを採ったりするし、花や雲も好きなので、ここはやっぱり1インチセンサー搭載のコンデジが良い気がします。今やフルサイズセンサー搭載のコンデジまである時代ですが予算もあるので・・・ なので1インチセンサー搭載で望遠側は3倍とか4倍程度の物と言う事で考えてみました。

 キノコを採りに行った時にさっと取り出して撮影できるカメラと言う事で、携帯性に優れたコンパクトなボディである事、暗い森でキノコを撮影するのだから明るいレンズである事、チルトモニター装備でローアングル撮影ができる事、などが選定の主な条件となりました。

 こうなるとPanasonic LUMIX DMC-LX9やSONYのサイバーショット DSC-RX100M5A、Canon PowerShot G7 X Mark IIあたりが良いのですが、比較的新しいSONYのRX100M5Aあたりはお値段が高いのでLX9とG7X MarkIIに絞りました。この2機種は少し古くて2016年のモデルなのですが、レンズはLX9がF1.4-2.8、G7X MarkIIがF1.8-2.8と、かなり明るいレンズを装備しています。両方共コントロールリングが備わっていて、さらにLX9には絞りリング、G7X MarkIIには露出補正ダイヤルがあるなど甲乙つけがたい印象です。
 しかしLX9は予算的に厳しいのと、その他の事情でCanon PowerShot G7 X Mark IIに決定しました(o^^o)。価格ドットコムの売れ筋ランキング(2019年2月22日現在)でもいまだに1位ですからまあ間違いはないでしょうd(^o^)。


Canon PowerShot G7 X Mark II



 さっそくG7Xを触ってみました。
 サイズ的にはボクのSX740とあまり変わりませんが20gほど重いです。なので携帯性はSX740同様良好です。
 SX740と違うのは鏡胴根元付近にあるコントロールリング。これはズームやマニュアルフォーカス、Tv、Av、ISOなど、いろんな割り当てが可能となっています。そして、このリングはクリック/スムーズ切り換えレバーによってタッチを変える事ができるんです。


左がG7X MarkII、右がSX740HS。



ローレット加工が施されたコントロールリングを装備



 また、軍艦部のモードダイヤルの下には露出補正ダイヤルがあり、直感的に操作する事ができます。ローレット加工が施されたダイヤルには赤いラインが入っていてちょっと高級感があります。その他のボタン類はキヤノン機に慣れているボクには使いやすいレイアウトとデザインです。


独立した露出補正ダイヤルを装備



 背面液晶モニターはチルトが可能ですが、SX740と違うのは下向きにも45度可動する事。つまりカメラを掲げて人垣の上から撮影できたりすると言う事です。これはうらやましい機能です。SX740にもぜひ付けて欲しかったなぁ。もちろん上側は180度チルトするので、SX740同様自撮りもできちゃいます。
 さすがはPowerShotのGシリーズ!なんだか持っているだけで楽しくなります。

 スペック的には映像エンジンがDIGIC7で、SX740のDIGIC8から比べるとちょっと古いですが、ボクがメインで使っている7D MarkIIのDIGIC6より新しいです。
 レンズの焦点距離は8.8-36.8mm。35mm換算で24-100mmという画角になります。開放F値は1.8-2.8ですから、24mmでF1.8、100mmでもF2.8というとても明るいレンズなんです。ボクはこんなすごいレンズ持ってません(笑)。
 その他、4段分の手振れ補正や3段分の減光が可能なNDフィルター機能があるのも良いですね。SX740HSでは装備されなかったRAW記録やカメラ内現像が装備されているあたりは初心者だけでなく中級以上のユーザーの使用も視野に入れているというところでしょうか。

 他にもいろいろ挙げればキリがありませんが、いずれにしてもこのカメラの性能を存分に引き出すことができたら、一眼カメラにも引けを取らない写真が撮れるんじゃないでしょうか?


■Canon PowerShot G7 X Mark II
有効画素数/2010万画素
撮像素子/1型
画面サイズ/3 インチ
可動式液晶/いいえ
ズーム倍率 (光学)/4.2
焦点距離 (広角側)/24 mm
焦点距離 (望遠側)/100 mm
F値 (広角側)/1.8 f_stop
F値 (望遠側)/2.8 f_stop
シャッタースピード/1/2000秒
最低 / 最高撮影感度 (拡張感度)/ISO 125-12800
ファインダー付き/いいえ
WiFI/有り
手ブレ補正/有り
付属機能/特徴 フルハイビジョン動画、光学手振れ補正
カラー/ブラック
大きさ(幅・高さ・奥行き)(CIPA準拠)/105.5 × 60.9 × 42.2mm
質量(バッテリーおよびメモリーカード含む/本体のみ)(CIPA準拠)/約319g/約294g

https://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/powershot/g7xmk2/


 そんなわけで次は実際の撮影レポートです♪


| カメラ | 06:00 AM | comments (0) | trackback (0) |

         









http://www.taccdrive.com/sugilog/tb.php?3433
PAGE TOP ↑

新しい記事 過去の記事