■プロフィール■
■カレンダー■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<前月 2019年11月 次月>
■カテゴリー■
■最新の日記■
■最新のコメント■
■記事ランキング■
■アーカイブ■
■LINK■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■


Canon PowerShot G7 X Mark II 2



 G7X MarkIIのレポートの続きです。
 そんなわけでオカノクンにカメラをお借りして少し撮影してみました。なにしろ機能がたくさんあるので一部しかレポートできませんがとにかく撮影してみました(o^^o)。
 
 
 まず起動時間が740に比べて0.5秒ほど速い1.2秒なのですがこれが体感できます。1.7秒と1.2秒ってこんなに違うんだと思うくらいG7Xの起動が早く感じます。鳥を見つけて撮影しようと思ってスイッチを入れてもこの起動時間が長く感じられるんですよね。なのでわずか0.5秒でもこれは有利に感じられるところです。

 1段目が露出補正ダイヤル、その上の段がモードダイヤルと言う構成は使い慣れないと回しづらく感じますが、それでも露出補正ダイヤルが親指で操作できるのは良いですね。ダイヤルの目盛りが見えなくてもモニターにゲージが表示されるのでブラインドタッチで操作できます。
 背面のボタン類は740と似たような構成ですが、コントロールリング用のファンクションボタン(画像削除ボタンを兼ねます)が装備されているところが特徴的です。再生ボタンやメニューボタンは740と同じレイアウトで使いやすいです。
 そしてやっぱりこのコントロールリングが良いですね。ズームリングとしても使えるし、他にもいろいろな機能を割り当てられて、ワンタッチで切り替える事ができます。また、マニュアルフォーカス時やAFロック状態からリングを回すと自動的にフォーカスリングに切り替わります。その際、モニターの表示は任意の倍率で拡大表示させることもできるので、マクロ撮影などでピントを追い込みたい時には重宝します。被写体によっては拡大表示が邪魔になる事もありますから、そんな時はワンタッチで拡大倍率を下げる事ができます。

 操作系のお話はこれくらいにして撮影してみます。
 今回はカメラ任せのオートは使わず・・・と言うか使い方がわからないので、プログラムオートと絞り優先オートなどを使って撮影してみました。


絞り優先オート SS=1/60秒 f 3.5 ISO:125(オート) 焦点距離:24mm

Canon PowerShot G7 X Mark II


絞り優先オート SS=1/500秒 f 3.5 ISO:125(オート) 焦点距離:24mm

Canon PowerShot G7 X Mark II


絞り優先オート SS=1/250秒 f 3.5 露出補正 -2/3 ISO:125(オート) 焦点距離:24mm

Canon PowerShot G7 X Mark II


絞り優先オート SS=1/250秒 f 3.5 ISO:125(オート) 焦点距離:24mm

Canon PowerShot G7 X Mark II


 1枚目はドウダンツツジですかね。ピント合わせがなかなか難しかったです。
 2枚目蕾ですが沈丁花でしょうかね。AFはシングルAF(ワンショットAF)モードです。
 3枚目はナンテンの実。きれいな赤を出すために少しアンダー目に撮ってみましたが、ちょうど太陽が雲に隠れて光線が良い感じになってくれました。
 4枚目は・・・この葉っぱ、かわいいんですけど、何ていう葉っぱなんですかね。マクロモードで撮影しています。

 1-2枚目はシングルAF、3-4枚目はマニュアルフォーカスでピントを追い込んでいます。f3.5と少し絞っているんですけど、f1.8にしちゃうと被写界が狭くてなかなか思ったところにピントを合わせられないんですよ。ええ、ボクの腕が悪いからなんですけどね。そういう意味でマクロ撮影は難しいですね。身体が揺れただけでもピントが狂っちゃう・・・

 続いてはSX740HSとのマクロ対決です。センサーの大きさではG7X MarkIIが有利なのはでしょうけど、SX740はレンズ先端から1cmまで寄れる接写性能(G7Xは5cm)がありますから、意外に健闘しています。やっぱり近づくに勝るものは無いって事でしょうか。でも実際に限界まで寄っちゃうと被写体がレンズの影になったりしてうまく撮れないことが多いです。


名前のわからない葉っぱ。さらにトリミングしてみました。G7X MarkIIで撮影。

Canon PowerShot G7 X Mark II


名前のわからない葉っぱ。SX740HSバージョンです。

Canon PowerShot SX740HS


 さらに無謀にもピクセル等倍トリミングです(o^^o)。いつもの腕時計に登場してもらいました(o^^o)。


モデルはブライトリング・ジュピターパイロット。

Canon PowerShot G7 X Mark II


SX740。頑張っています。でも少しガタガタしていますかね。

Canon PowerShot SX740HS


滑らかな解像感です。ラメのようなツブツブもよく再現されています。

Canon PowerShot G7 X Mark II


 解像感はやはりG7Xの方が滑らかできれいですよね。少し赤が強い印象ですがボクの見た目で実物に近い方はG7Xの色合いです。
 SX740HSの方は解像しているけどガタガタしていてあまりきれいとは言えません。色合いも実際より少し緑が強く、淡白な発色です。この辺は好みがわかれるところですね。


G7Xの方のオリジナル写真も上げておきます。

Canon PowerShot G7 X Mark II


 それにしてもこのマクロ撮影も難しかったです。SX740はそれほど苦戦しないのですが、G7Xは思ったところにピントが合わず、結局G7Xでピントがあった場所にSX740のピントを合わせたと言う感じです(o^^o)。

 そんなわけでG7X MarkIIを実際に使ってみた感想でした。まだまだたくさん機能があるので、また機会を作ってレポートしてみたいと思います♪


 ※素人の感想であまりあてにならないのでご注意くださいm(_ _)m。


| カメラ | 06:00 AM | comments (0) | trackback (0) |

         









http://www.taccdrive.com/sugilog/tb.php?3434
PAGE TOP ↑

新しい記事 過去の記事