■プロフィール■
■カレンダー■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<前月 2019年08月 次月>
■カテゴリー■
■最新の日記■
■最新のコメント■
■記事ランキング■
■アーカイブ■
■LINK■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■


第2回PCX500kmエンデュランスツーリング 1



 すでにジムカーナレポートで書きましたが、4月14日のさるくらの地区戦をお手伝いしに長野県の飯田までバイクで行ってきました。走行距離約500Kmのツーリングです。
 昨年9月に初めてPCXで飯田まで行きましたが、今回は2度目なので割と気が楽です。前回は往路で悪天候に翻弄され濃霧や豪雨でかなり疲労困憊でしたが、おかげでいろいろな教訓が得られました。
 
 
 4月13日の土曜日。この日は仕事だったのですが、午後2時くらいに終わったので、PCXのガソリンを満タンにしてから家に戻って荷物を積み込んで午後3時に家を出ます。途中ホンダショップに立ち寄りオイル交換を行ないますが、ここで忘れ物を思い出して家に逆戻り。なんだかんだやっているうちに出発は17時近くになってしまいました。これじゃ飯田に着くのは22時30分くらいになってしまいそう。


16時43分出発(>_<)。気温は22度ほどあります。



 例によって甲州街道の大垂水峠が通れない(土日祝日は終日125cc以下通行禁止)ので、津久井湖方面へ向けて走ります。町田街道を少し走り、神奈川県に入り、国道413号を津久井湖から相模湖に向けて走ります。相模湖駅前でやっと甲州街道へ入ります。藤野を過ぎたところで急に気が遠くなってしまい、家に戻ってクルマに乗り換えるかななどと考えます(o^^o)。しかし気を取り直して大月を目指して走ります。J-Cruiseに装着したヘッドセットから音楽が流れています。そうそう、前回の長野ツーリングではインカムも無かったから音楽を聴くことも無く黙々と走っていたんですよね〜。

 大月バイパスを通ってさらに甲州街道を進みます。気温は20度を切って少し寒くなってきました。長袖のシャツにモンベルのフリース、その上にフレネイパーカ、ユニクロのオーバーパンツを着ているし、ゴールドウィンのウインターグローブを着けているので寒さは問題ありません。
 笹子トンネルの手前で『ハッピードリンク』を見つけたので停車。記念写真を撮ります。笹子トンネルでは気温が14度くらいまで下がります。さすがに寒い・・・


笹子トンネル手前の『ハッピードリンク』。山梨に来たと実感。



 笹子トンネルを抜けると勝沼へ向かう長い下り坂です。遠くに甲府の夜景を見ながら勝沼バイパス、甲府バイパスと走り抜けます。気温は20度くらいなので快適に走れます。しかし韮崎を過ぎると気温は徐々に下がり、15度くらいになります。このあとは富士見に向かってどんどん登るので気温が下がる一方。なのでボクは途中のセブンイレブンに入って、トランクに仕舞ってあったモンベルのダウンジャケットを取り出してフレネイパーカの下に着込みます。時刻は20時近くです。


セブンイレブンで小休止。




 再び走り出し、途中の『道の駅 信州蔦木宿』で停車。記念写真だけ撮ってすぐに出発します。でもこうやって一瞬バイクから降りるだけでもだいぶ身体が楽になりますね。ずっと同じ姿勢で走っていると膝とかが固まっちゃって結構辛いんですよ。


『道の駅 信州蔦木宿』。



 富士見、茅野を通り、県道16号へ入り、すぐに国道152号線に入ります。そう、前回濃霧で大変な思いをした杖突峠に突入です。時間は21時くらい。
 前回は視程20メートルくらいの濃霧で前が見えずに苦戦しましたが今回は霧はありません。しかし杖突峠は霧が無くても過酷である事が今回わかりました。と言うのも、道路照明がほとんどないので、霧が無くても前が見えない事には変わりが無いんです。強力なヘッドライトを持つ4輪ならまだしも、PCXのLEDヘッドライトは完全に力不足です。
 それでも前を走るクルマに追いつくので、ホッとしていると『先に行け』と譲られる始末。そのあとは先に行けと言われないように50メール以上車間を取って後ろを走るようにしてみましたが離れすぎるとクルマのライトの恩恵は受けられなくなります。

 そして結論。『夜の杖突峠はどのみち過酷である』・・・

 気温もどんどん下がって峠付近では4度程度でした。道の左右には数日前に降ったと思われる雪が残っています。当然グリップヒーターは入れっぱなしです。

 杖突峠を越えて伊那へ下っていくと高遠に着きました。途中の電光掲示板には『高遠の桜は5部咲きです』と表示されていました。
 なんだか変わった建物を見つけたのでPCXを停めて写真撮影。時を知らせる鼓楼と言うらしいです。ボクが見たものは実在した鼓楼のミニチュアレプリカらしいのですが、ホンモノは高遠城址公園内にあるようです。


高遠の鼓楼(レプリカ)。



なるほど・・・



 伊那から国道153号に走るとあとはひたすら飯田市まで走るだけです。この辺は夜だと退屈な道です。
 そして22時48分、飯田のすき家に到着。ここで牛丼弁当を購入。向かい側にある温泉ホテル湯〜民に入ります。


今回はすき家で夕食を購入。



湯〜民にチェックイン!お疲れさまでした♪



 往路は241kmを走破。混雑している夕方に出発したためか6時間18分もかかってしまいました。でも温泉にも入れたし、4時間くらい眠れたので疲れも取れてよかったです。
 そして帰りは雨に降られるのか・・・その話は後編でお送りします!


 続く!バイク


| バイク・クルマ | 06:00 AM | comments (0) | trackback (0) |

         









http://www.taccdrive.com/sugilog/tb.php?3493
PAGE TOP ↑

新しい記事 過去の記事