■プロフィール■
■カレンダー■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<前月 2020年02月 次月>
■カテゴリー■
■最新の日記■
■最新のコメント■
■記事ランキング■
■アーカイブ■
■LINK■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■


全日本ジムカーナ選手権
■ピストン全日本N1初優勝
 今回の全日本はいろいろな出来事があったけど、やはり印象深いのはN1ヴィッツのピストン折茂選手初優勝である。思い起こせば2001年、JMRC群馬ジムカーナ(まだ埼群じゃない頃)のA1クラスにAZ−1で初参戦した時、コンマ差で私の前にいたのはシティに乗るピストンだった。失礼ながら当時は「この人にはすぐ勝てそうだな」なんて思っていたのだが、その後はどんどん速くなり遠い国(地区戦)に行ってしまった。
 
 
 しかし、彼が主宰する「FR以外同盟」は私が所属する「軽自動車同盟」との交流(?)が盛んで、日ごろ同じ関越スポーツランドをホームコースにしていることもあって、何かといがみあって関ってきたのである。彼と私がパドックで吠え合う姿を見た人もいるかもしれない。
 そんな彼が優勝したのである。ヒート1はいつもの癖が出て、ミスコースしてしまったピストン。これは半端じゃなく落ち込んでいた。いや、芝居かもしれないが(笑)。しかし2本目は渾身のアタックで見事にトップタイムをたたき出した。この強さは本物である。プレッシャーをはねのけ、きっちり攻め抜いたのだ。これには本当に拍手を送りたい。今年こそ、ピストンがチャンピオンを取る年となることを私は期待せずにはいられない。おめでとう!ピストン!

■和田章N2で3位表彰台
 AKIRAレーシングの和田選手が全日本選手権初出場にしていきなり3位表彰台を獲得した。これは私でなくてもみんな驚いていることであろう。A車両の頃のランサーを転がし、B車両になってもランサーに乗り続け、JMRCミドルチャンピオンを獲得した彼はEG6でもその速さをみせつけていた。センスがあるというのは彼のような人のことを言うのだろうと常々思っていた。もちろん練習量やマシンセッティングなど、たゆまぬ努力がある事は当然の事と思う。
 その彼がインテグラに乗り換えたのである。しかもN車両。その速さは今年のミドルの開幕戦でN2ぶっちぎり優勝を飾った事でもわかる。地区戦こそ、落としたものの、この全日本では問題点を解決して、きっちり結果を残した。
 19番という前半ゼッケンの彼の2本目のタイムは最後の2名が走るまでトップを守っていた。会場内がどよめき、もしやこのまま?とさえ思われた。しかし最後の2名、松本、黒岩両選手に相次いで抜かれてしまい、3位となった。だが、1位松本選手との差はわずか0.1秒。2位の黒岩選手との差は実に2/100秒である。ほぼ優勝タイムと同じようなタイムで表彰台にあがってしまったのだから凄い!今後の彼の活躍が本当に楽しみになった。

■エキシージ
 気になるN3。エキシージが3台に増えていた。私もたいへんお世話になっている壺坂選手。その壺坂選手のエキシージは前日の公開練習ではいまひとつ調子が悪そうな感じに見えた。練習だから三味線を弾いていたのかもしれないが・・・とにかく日曜日の本番ではエキシージ勢のトップとなる8位に入り、ポイントを獲得した。タイム的にはトップの田原選手から遅れる事約1.4秒。これは壺坂選手にとっては不本意なのかもしれないが、昨年の状況から見ればだいぶ仕上がってきたように思う。今後のエキシージが楽しみである。
 それにしてもエキシージの動き、特にコーナーへの進入の姿勢など、どこかで見た動きである。そう、それはまさにAZ−1の動きである!コックピットの様子まで思い浮かぶほどそっくりな動きだ。高速コーナー、中速コーナー、低速コーナー・・・どれもAZ−1の動きそっくりである。そんな事を思うのはAZ−1をドライブした人だけだろうけど、とにかく似ている。ブレーキングでテールを流し、積極的に向きを変える。決してハンドルで曲げるのではなく、ハンドルはあくまでもきっかけに過ぎない。ドライバーズシートを軸に慣性ドリフトに近いブレーキングドリフトでアプローチ、進入から立ち上がりに至るまであくまでも舵角はゼロ!これぞミッドシップだっ!って感じである。うーん、すごく乗ってみたいクルマになってしまったエキシージ。
 それはそうとSW20がたった1台というのはさびしい話である。SW20がもっとたくさん走ってくれたらうれしいのである。

 また何か思い出したら書く事にしよう。


| ジムカーナ | 04:08 AM | comments (4) | trackback (0) |
>chihiroさん
 ご心配おかけしました。とりあえず体調は慣らし中です(笑)。もうすぐ○2歳になってしまうので、無理はできません(^o^ゞ。
 chihiroさんのSW、ブログを読みました。災難でしたね。でも、遠出してなくてよかったですね。平塚はきっと予感が走ったんじゃないですか?
 うちのもミッションがちょっとしぶいので、リンケージを壊さないように気をつけたいものです。O/Hしろという説もありますが(^o^ゞ。ちなみにうちのはハブが逝かれてしまい、リアキャリパーの交換なども含めて10万円近く飛んでいきました。はぁ・・・(-。-)y-゜゜
| すぎちゃん | EMAIL | URL | 2006/03/28 03:54 AM | /0dHzP7s |

ご無沙汰していますchihiroです。すぎちゃん調子崩されてたとお聞きしていたのですが、ブログも復活されたようで良かったです(^-^)

ワタシの37マンのSWは、おとといシフトのリンケージがぶっちぎれて動けなくなりました(T-T)路肩でJAFを待つハメに。。。 パワステも死んじゃったりしてただいま修理中。。。今日ホントは青果市場だったんですが、ちょっと直前まで予定が立たず申し込んでなかったんですが、いまとなってはそれが逆に良かったです・・・。
| chihiro | EMAIL | URL | 2006/03/26 05:30 PM | YFqT9D4E |

エキシージ。車両代は600万円くらい?NSXは1000万円ですからねぇ(笑)。何より維持費が安いでしょう。タイヤ代や税金などなど・・・でも、やっぱジムカーナN車両として完成させるまでには100万円近く乗せなくちゃいけないんだろうから、簡単に買える金額じゃないよね。うちみたいに100万円で作ったSWで勝負しようというのがそもそも無理があるのか(笑)。
| すぎちゃん | EMAIL | URL | 2006/03/25 10:32 AM | /0dHzP7s |

>エキシージ
たしかに、まるでAZ−1が走ってるかのような感じでしたね。
どのエキシージだったか忘れましたが、セターマンのドライブするAZ−1とまったく同じ動きをしてました。外周進入で白煙とか…。
そんな話をオフィシャルをしながらなおゆきさんと話してました。
エキシージってNSXより安いんですね。それでも…高いね
| よごえもん | EMAIL | URL | 2006/03/24 10:51 AM | r.AoIJMQ |


         









http://www.taccdrive.com/sugilog/tb.php?42
PAGE TOP ↑

新しい記事 過去の記事