■プロフィール■
■カレンダー■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<前月 2019年11月 次月>
■カテゴリー■
■最新の日記■
■最新のコメント■
■記事ランキング■
■アーカイブ■
■LINK■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■


MR2にトラブル?
 先週の筑波の練習会前後からSW20にトラブルが出ていたので、今日はそのチェックを行なってみた。トラブルの症状は左側の前後どちらかの足回りからのシャーシャーという異音と時折出るカツンという異音。ぽんたガレージ(八王子の瀬田邸、またの名をTACC本部)で左側をジャッキアップし、足回りの点検を実施。するとフロントのナックルにガタつきがある事がわかった。経験から言うとハブガタっぽいのだけど、それにしてはガタが大きい。これだけ大きければゴーっとかガーッという感じの激しい異音を発してもいいはずなのに・・・リアの方はそのような異常は見つからなかったが、音はリアから聞こえているような気もするし・・・ディスクローターのカバーが干渉している様子もなく、結局そのままアクションへ持ち込んでみた。
 
 
 ちょうど出先から戻ってきたばかりの小山社長を捕まえて仲良くドライブ(笑)。アクションテストコース(といっても近所のワインディング)に持ち込んで走行テストをしたところ、カツンという異音は左フロントショックのガス抜けによる異音かもという診断。減衰力もごく初期が弱そうな感じだという。シャーという異音についてはテストではわからず、結局お店のガレージに入れてチェックすることになった。結果、左フロントのタイロッドのブーツが破れて、そこからダストが入り込んでボールを駄目にしてしまっていることが判明。急遽タイロッドとブーツを取り替えることになった。うーん、平日に調べておけばよかった。おかげで今週はビデオ編集にホームページの製作、タイヤ交換、タイロッド交換と忙しくなりそうだ・・・はぁ。
 自分の点検でタイロッドの問題を発見できなかったことにちょっと腹が立った。確かにタイロッドのステアリングラック側は少々奥まっていて見ようと思わないと見られない場所かもしれないが、ハブガタかもという思い込みがそこに注意を向けさせなかったわけである。うーん、まだまだ修行が足りない。
 ちなみにシャーシャーという音はディスクローターのわずかなひずみによるもの。これもローターの研磨をしたいところだけど、辛うじて規定値に収まっているし、とりあえずペダルに振動が来たり効きに問題があるということはないので、最終戦はこのまま行くことにする。
 『それにしてもMR2って難しそうだねぇ。今度ジムカーナ場で乗ってみたいなぁ』と言っていた。『すごく踏ん張っている感じだけど、限界超えるとどこ行っちゃうかわからない感じだよね(笑)』と・・・FF乗りの小山センセにとってはやはり難しいクルマなのだろうか・・・


| ジムカーナ | 01:38 AM | comments (0) | trackback (0) |

         









http://www.taccdrive.com/sugilog/tb.php?7
PAGE TOP ↑

新しい記事 過去の記事